レバレッジ読書法とは?

レバレッジ読書法とは?

レバレッジ読書法とは?

レバレッジ・リーディングとは、数多くのビジネス書を執筆している本田直之氏が提唱する読書法です。

レバレッジとは「てこ」のこと。

てこの原理を使うと、小さな力で大きなものを動かすことができますよね。

それと同じように、小さな労力で大きな読書の成果を出すのがレバレッジ・リーディングです。

特徴は、本を最初から最後まで読むのではなく、自分に必要な情報だけを拾うようにして読んでいくこと。

そうすることにより、たくさんの本を読むことができるのがこの読書法のメリットです。

多くの情報をインプットすれば、ビジネスや自分の人生に役立つ情報が豊富になります。

全部を読まずに必要な情報を得るためには、読む前に目的を明らかにすることが重要です。

「何のために自分はこの本を読むのか」を意識しながらページをめくることで、必要な情報が目に飛び込んでくるようになります。

そして、そのようにして得た知識を忘れないようにするために大切なのが「レバレッジ・メモ」と呼ばれる読書メモです。

本を読んだままで終わらせてしまっては、すぐに忘れてしまいます。

本で学んだことを繰り返し復讐できるように紙にまとめるのです。

次の記事から、レバレッジ・リーディングの具体的な方法について解説します。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional