レバレッジ読書法!たくさん読む方法

レバレッジ読書法!たくさん読む方法

レバレッジ読書法!たくさん読む方法

レバレッジ読書法の最大の特徴は、「全部読んではいけない」ことです。

子供のころに、きちんと隅々まで読むのが正しい読書だと教わった人には抵抗のある方法かもしれません。

飛ばし読みでは必要な情報が十分に吸収できないとではないかと不安に思うかもしれません。

全部読まないと、せっかく買った本がもったいないと感じる人もいるでしょう。

しかし、これらの考えは誤解だと本田氏は説きます。

どんなにいいことが書かれた本でも、本当に重要なことは書かれていることの中の20%程度だそうです。

「その中の80%程度を拾うことができればOK」というつもりで読書をすすめることが、多読のための重要なポイントです。

いくら隅々まで読んでも、一つも実践できなければ意味がありません。

目的はあくまでも、「本に書かれていた内容を、自分の人生に活かす」ことです。

しっかり読むことに重点を置いて、この本来の目的がおろそかになっては意味がありません。

では、どのようにして重要ポイントだけを拾った読み方をするのでしょう?

「レバレッジ・リーディング」が勧める方法は、「制限時間を設ける」こと。

が限られた時間で読まなければならないとなると、嫌でも集中してポイントを拾うようになります。

漫然と本を読むことがなくなるので、効率のよい情報収集ができるようになるのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional