大人の読書感想文

大人の読書感想文

大人の読書感想文

夏休みの宿題の中でも、嫌われものの代表だった読書感想文。

8月31日に泣きながら書いた苦い思い出のある方もいるかもしれません。

大人になった今、改めて読書感想文を書いてみませんか?

強制的に書かされていた宿題とは違う、自分のための読書感想文です。

課題図書などはありませんので、好きな本で書くことができます。

最近、大きく影響を受けた本や、誰かに教えたいと思った本はありませんか?

そのような本で、感想文を書いてみましょう。

忙しい大人の感想文ですから、字数は少なめに600字程度でいかがでしょうか?

なぜ、その本に感銘を受けたのか。

自分が主人公だったらどのような行動をとるだろうか。

この本から学んだことをどう生かしたいか…

そのようなことを考えながら感想文を書くことは、自分を見つめなおすきっかけになるでしょう。

そしてそれは、「生きていくうえで何を最も大切にしたいのか」を再確認することにもなるかもしれません。

読書感想文は、単なる子供の宿題ではなく、自分を知るためのバロメーターにもなるのです。

時々そのような感想文を書いていれば、日記の代わりにもなって、読み返すことで、自分の成長を実感できるかもしれません。

誰かに見せるものではありません。

感じるままに、書いてみてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional