簡単な読書メモのつくり方

簡単な読書メモのつくり方

簡単な読書メモのつくり方

レバレッジ・メモのような本格的なものでなくても、読んだ本の内容を忘れないようにする方法はたくさんあります。

読書をしていて、「これは覚えておきたい」と思ったことがあれば、その時点で手帳にメモしてしまうのです。

ここでポイントとなるのは、いつも持ち歩く手帳を利用すること。

せっかくのメモも、見る機会がなければ意味がありません。

普段から目にする場所へメモをして、ちょっとした時間に眺めるようにします。

手帳以外にも、アイディア次第でさまざまな読書メモがつくれます。

手帳を持ち歩かない人なら、携帯電話のメモ機能を活用するのがおすすめです。

スマートフォンを使っている人なら、「エバーノート」というソフトが便利。

パソコンとスマホの両方から読み書きができるのが魅力です。

大きめの付箋やメモ用紙で読書メモをつくり、身近な場所へ貼っておくのも一つの方法です。

冷蔵庫の扉にメモを貼れば、家事の間に見ることもできます。

読んだ本の内容を忘れないもう一つの方法は「人に話す」こと。

人に伝わるように噛み砕いて説明する過程で、内容を自分のものにすることができるのです。

ブログに読んだ本の記録をするのもいいですよね。

自分に合ったスタイルの読書法を探してみてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional