資格取得に役立つ読書法

資格取得に役立つ読書法

資格取得に役立つ読書法

効率よく読書をして必要な情報を身に付けていく方法は、資格試験などの勉強にも役立ちます。

資格を取ろうとしてテキストを買ってきても、その分厚さにゲンナリしてやる気をなくしてしまった経験のある方も多いのではないでしょうか?

初めは順調に勉強できていたけれど、途中でスピードダウンして勉強時間が足りなくなってしまう、というのもよくある失敗です。

そのような問題も、読書法の考え方を応用すれば解決します。

レバレッジ読書法では、本を全部読むのではなく必要なところだけを拾って読んでいきます。

試験勉強でも、同じようにするのです。

とはいっても、ヤマをかけるという意味ではありません。

試験範囲全体を最初に眺め、どんな知識が必要かを把握したうえで勉強をすすめるのです。

完璧に理解してから次へ進もうとすると、うまくいきません。

読書と同じように、1単元にかける時間を決めてしまい、理解度が十分でないと思っても次へ進んでしまいます。

最後までやり通したら、もう一度初めに戻ってテキストを読んでみましょう。

おそらく、1回目で理解できなかったことも分かるようになっているはずです。

全体を通して勉強することで、自然と細かい部分の理解も深まっていくのです。

「木を見て森を見ず」にならないようにすれば、最短で合格することも夢ではないですよ!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional